ヘルメットロックを追加 / ホンダ レブル250

ホンダ レブル250にサドルバッグを付けると使えなくなるもの。

それが「ヘルメットロック」!

そこでヘルメットロックを追加した。

使えないオリジナルのヘルメットロック

ホンダ レブル250のヘルメットロックは、リアフェンダーの下にある。

そのためサドルバッグを付けると、バッグに塞がれてオリジナルのヘルメットロックが使えなくなる。

じゃあ、どうやってヘルメットを固定するのか?

ヘルメットロックを追加するしかない……。

ちなみに、オリジナルのヘルメットロックを外して移設する猛者もいるが難易度高すぎ。

追加できるヘルメットロック

レブル専用で販売されているヘルメットロックは、主に以下の2種類。

他にも汎用品で、ハンドルに固定できるものもある。

個人的にはデイトナがオススメ。
レブルのデザインに馴染んでいて使いやすい。

デイトナのヘルメットロックを付ける

私が付けたのは「デイトナ レブル用ヘルメットロック」。

左側のタンデムステップの根本に取り付けるヘルメットロック。
目立たないけど、しっかり使えるスグレモノ。
ホンダ レブル250のデザインを崩さないアイテムだ。

取り付けは簡単

デイトナ レブル用ヘルメットロックの取り付けは、超絶簡単。

  1. 六角レンチでタンデムステップを外す
  2. タンデムステップと車体の間にヘルメットロックを挟む
  3. ボルトで締める

これだけ。
ものの数分で完成だ。

使い勝手は良好

デイトナ レブル用ヘルメットロックの使い勝手は非常に良い。

タンデムステップの根本にあるため、目立たない。
また、タンデムしても足にヘルメットロックが当たらない。

サドルバッグを付けていても、ヘルメットを吊るすスペースが確保されているので、無理なくかけられる。

欠点としては、ヘルメットロック用のカギを追加で持つ必要があること。
でも、これは仕方ない。

4.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました