バッファロー マイクロホン ミニクリップを短くする

モトブロブ用のマイクとして、ヘルメットに仕込んでいる人も多いミニマイク。

BUFFALO / バッファロー マイクロフォン ミニクリップ (BSHSM03BK)

BUFFALO_マイクロフォン_ミニクリップ_BSHSM03BK

集音範囲が広くないので、それが効して、しゃべる声のみが録れて、風切り音や周囲の雑音を拾わない優れもの。

ただ難点はコードの長さ。
1.8mもある。

ヘルメットに仕込むなら10数センチもあれば足りる。

そこでコードを短く加工した。

コードを短くする方法は2種類

バッファローのミニマイクはモノラル音声。
被膜の中には音声を伝える「+コード」とアースの「-コード」の2本だけが通っている。

そのため、バッファローのミニマイクを短くするには2つの方法がある。

  1. コードの中央を切り取って、コード同士を繋ぎ直す方法
  2. マイク側のコードを切り取って、マイクにコードを繋ぎ直す方法

①のコード同士を繋ぎ直す方法は簡単で、失敗するリスクも少ない。
②はマイクの小さな端子にハンダ付けする必要があり、難易度は少し上がる。

① コードの中央を切り取って、コード同士を繋ぎ直す方法

作業内容は3ステップ。

  1. 希望の長さになるように真ん中のコードを切除
  2. 同じ色のコードを繋いでハンダ付け
  3. コードの銅線が接触しないように処理して、熱収縮チューブなどで接続部分を覆う

この方法の欠点は、繋ぎ直した部分が太く固くなり、取り回しにくくなる。

また、見た目にもスマートではない。

② マイク側のコードを切り取って、マイクにコードを繋ぎ直す方法

今回はこの方法でコードを短くした。
見た目もスマートで、取り回しも容易なコードが作れる。

1:マイクのフタを外す

バッファローのマイクを短くする_01

バッファローのマイクを短くする

マイクのフタは接着剤で軽く付いている。
フタの隙間にカッターナイフの刃を当てて、軽くこすると簡単にフタが外れる。
切断するほどの力は加えなくて良い。

2:カバーからマイクを押し出す

バッファローのマイクを短くする_03

バッファローのマイクを短くする_04

マイク側の根本でコードを切断。
爪楊枝のお尻などを穴に差し込んで、マイクを押し出す。

マイクの「+」には白コード、「-」には黒コードが付いている。

3:マイクからコードを外す

バッファローのマイクを短くする_05

ハンダゴテを使い、マイクに付いているコードを外す。

マイクをクランプや洗濯ばさみにはさんで作業するとやりやすい。

4:プラグ側のコードを切断

プラグ側のコードを希望の長さに切断。

ただし、コードの先端の被膜をむいたり、コードを結んだり、失敗したりするので、5~10cmほど長めにしたほうが良い。

コードを切ったら、プラグ側のコードにマイクのカバーを通す。
これを忘れると、カバーが付けられなくなるので注意!

5:マイクにコードをハンダ付け

バッファローのマイクを短くする

コードの先端の皮膜をむき、マイクにハンダ付けする。

最初から付いているハンダを再利用できることもあるが、ハンダの量が少ないときは継ぎ足して付ける。

6:マイクをカバーに収める

バッファローのマイクを短くする

マイクの根本のコードを軽く結ぶ。
これはコードを引っ張った時にハンダ付け部分が切れないようにするため。

マイクをカバーに収納して、フタをハメる。

マイクをカメラに繋げ、音声が入っていれば完成だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました