USB接続のグリップヒーターを導入 / HONDA Rebel 250

グリップヒーター_ホンダレブル250

冬のバイクツーリング用にグリップヒーターを導入した。

本格的なグリップ交換タイプではなく、お手軽なUSB接続の巻き付けタイプ。

導入までの過程と使い心地をレビューしていく。

手の防寒対策どうする?

冬になり風が冷たくなると、バイクを運転する手がかじかんでくる。
そこで必要なのが手の防寒対策。

冬用グローブは当然として、それだけでは指先が凍えて辛い。
できれば、防寒アイテムを加えて快適にバイクで走りたい。

ハンドルカバー

ハンドルカバー

毎年気になるのはハンドルカバー。
ハンドル周りを覆って、風を遮断する防風防寒アイテム。

温かいというより、冷たい風が手に当たらないので寒くない。
自転車で使ったことがあるので、その防風防寒性能は身を持って知っている。

しかし、バイクで使うとなると、指示器やクラッチなどの操作性が悪くなり、安全面に不安がある。
慣れの問題で、操作性は問題ないとのレビューも目にするが、やはり心配。

それよりも最も躊躇する理由は、HONDA Rebel 250 に合わせるのは格好悪いということ。
美しいデザインのレブルにハンドルカバーを合わせたくないのだ。

とはいえ、快適性を求め、毎年悩んでいるハンドルカバーがこちら。

千円ちょっとの値段ながら評価が高い。
素材はハリのある合皮レザー。
よくあるネオプレーン素材は柔らかすぎて、風圧で潰れて操作性が悪くなるが、こちらはそんなことはない。

とはいえ、ネオプレーン素材の方が人気は高いようだ。

ナックルガード・ハンドガード

ナックルガード_ホンダレブル250.jpg

風を防ぐにはナックルガード・ハンドガードを付ける手もある。

そもそもナックルガードは、跳ね石や泥、枝などの障害物から手を守るパーツだが、風が手に当たるのも防いでくれる。
デザインもハンドルカバーよりはダサくないし、操作性も損なわれない。

とはいえ、ハンドル全体を覆う大きなガードじゃないと、風は完全に防いではくれない。
風を巻き込んで手に当たることが多いようだ。

ちなみに、下の商品はホンダ レブルに付けている人も多い。

グリップヒーター

グリップヒーター

バイクの防寒パーツの代表格とも言えるグリップヒーター。
バイク購入時に最初から付ける人も多いアイテム。

グリップ自体が発熱するので、カイロを握って走る感じで手のひらから指先まで温められる。
見た目も普通のグリップと変わらない。
レブルの格好良さを崩さない、デザインと機能の両面で優れているアイテムだ。

とはいえ、冬の2、3ヵ月、数回の防寒のためにグリップをまるごと変えるのは、なんだかもったいない。

と思っていたら、見つけてしまった。

必要な時にだけ付けられるグリップヒーターを。

USB接続のグリップヒーター

グリップに巻き付けて、電源はUSB供給というグリップヒーターが販売されていた。

巻き付けタイプなので、冬の時だけ付けて、不要な季節は外しておける。
USB接続なので、電気の配線処理が不要。
実にお手軽だ。

USBグリップヒーターの導入【1回目】

ということで、USB接続のグリップヒーターを購入。
ホンダ レブル250に取り付けてみた。

最初に購入したのはこれと同じ商品。
USB接続タイプの巻き付け式グリップヒーター。
ただし、中国のAliexpressで購入。

温度調整できないデイトナのホットグリップと異なり、こちらは温度調整が4段階。最高温度が70℃。
このスペックに惚れて購入した。

【悲報】全然温かくない

グリップヒーター

届いた商品は作りもしっかりしており、巻きつけるグリップシートも薄く、使い勝手は良さそうだった。

しかし、全然温かくならない。
表面温度が23度までしが上がらないのだ。

調べてみると、
Aliexpressの商品ページではUSB出力「5V/2A」となっていたが、日本で販売しているKaedearの商品ページではUSB出力「QC3.0(12V1.5A)」が必要と書かれている。
Aliexpressの商品ページの説明が間違えている模様。

私のバイクのUSB電源は「5V/2A」。
つまり、出力不足。
私のバイク装備では使えないことが判明した。

(ちなみに、Aliexpressに状況を説明して返金対応となった)

USBグリップヒーターの導入【2回目】

懲りずに2個目のUSBグリップヒーターを購入。

今度は確実にUSB出力「5V/2A」の商品をセレクト。
USB接続タイプの巻き付け式グリップヒーター。
3段階(70度、60度、50度)の温度調節機能を搭載している。

これと同じ商品をAliexpressで購入。

グリップヒーター外観

グリップヒーター ホンダ レブル250

かなりしっかりとした箱に入っていて、高級感を漂わせている。
説明書は日本語版も付属していた。

グリップシートはPVCレザーで厚さは約2mm。
QC3.0(12V1.5A)版の2倍ぐらいの厚みがある。

表面はレザー風でさわり心地が良く、適度なグリップ感がある。
裏面はザラザラの滑り止め加工が施され、取り付けたグリップからズレないようになっている。

グリップとUSBを接続する部分はねじ込み式になっており、防水性は高そう。

コードは平紐タイプ。
柔軟性があり、取り回しは良いが、耐久性にはちょっと不安が残る。

バイクへの取り付け前に温度を計ったところ、最高で70度オーバー。
素手で触ると熱すぎるほど。
これは期待が持てる!

グリップヒーターの取り付け

説明書では付属の平紐でグリップシートを締め上げてグリップに固定するようになっている。

グリップヒーター_ホンダレブル250

この説明書通りの付け方だと、走行中に紐がほどけたり、紐が緩んでグリップがずれる危険性がある。

そこで、熱収縮カバーで固定することにした。
使用したのはこちら。

オーム電機 収縮カバー φ40.0mm 20cm

グリップヒーター_ホンダレブル250

長さが20cmあるので、半分に切断。
グリップシートの長さとほぼ同じ。
直径は40mmで、レブル純正グリップとグリップシートを挟み込むのにちょうどいい太さだ。

グリップヒーター_ホンダレブル250

グリップシートを収縮カバーで包んだら位置を調整。
シートの中央部が一番熱くなるので、そこが指先に当たる場所にする。

位置が決まったら、ヒートガンで熱風を当ててカバーを収縮させて固定。

その後は、グリップシートのコードとUSB端子側のコードを繋げる。
コード全体をハンドル周りにタイラップで固定して完成。

グリップヒーター_ホンダレブル250

グリップヒーター_ホンダレブル250

グリップはグリップシートと収縮カバーの分、太くなるが、握り心地は悪くない。
収縮カバーはサラサラとしたゴム素材で、滑り止めが効いている。

懸念していたスマホナビへの干渉もなく、デイトナのスレンダーUSB2ポートにUSBが2本ちゃんと挿すことができた。

USB接続グリップヒーターの使用感

グリップヒーター_ホンダレブル250

エンジンをかけて、グリップヒーターのスイッチをオン。
一番高温の70度の設定で走り出す。
グローブは冬用の分厚いタイプ。
外気温は5度前後で風が強い。

5分ほどして、手に温かさを感じ始める。
そのまま10分を超えても手に伝わる温度は、ほのかな温かさのまま。

家の中のテストでは10分ほどで70度を超え、素手では触り続けられないほど熱くなったが、バイクの走行時はそこまでの熱さは感じない。
グローブの厚さが温度の伝わりを阻害し、冷たい走行風が温度の上昇を妨げているせいだと思う。

やはり、5Vの低出力では高温維持には限界がありそう。

とはいえ、グリップを握り続けている間はほのかな温かさが続き、指先が凍えて痛くなるのは防げた。
薄手のグローブなら、もっと熱を感じられそうだが、手の甲が冷えてしまう。

ハンドルカバーやナックルガードと併用すれば、効果は高まりそうだ。

ひとまず冬の間は使ってみて、効果を見極めたいと思う。

3.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました