映画「おまえうまそうだな」を観てきた

umasou
映画「おまえうまそうだな」ポスター

映画「おまえうまそうだな」を観てきました。

宮西達也さんの絵本、ティラノサウルスシリーズが原作の映画。
複数の絵本の話が1つの物語にまとめられています。

ストーリーは、簡単に言うと
草食恐竜のお母さんに育てられた肉食恐竜が、
やがて草食恐竜の子供を育てる。。。というもの。

もともと原作の絵本が大好きで、
読んで泣きそうになったこともありました。
イラストの格好良さも、心温まる切ない物語も大好きなんです。

なので、映画化を知ったときはうれしくなったんですが、
キャラクターを見て愕然。

原作と映画版の肉食恐竜ハート
↑左が原作、右が映画版。同一恐竜!

なんだ、この丸い風船人形は!?
宮西さんが描くゴツゴツしてカッコイイ恐竜はどこに行った!

もうこれでガッカリして、観に行くのはやめようと思いましたよ。
しかし、公開後の評判がかなりイイ。
絵本を超えてる、涙腺決壊、感動した、などなど。
あと、大好きな原田知世さんが声をあてているし。

ということで、映画「おまえうまそうだな」を観に行ってきました。

で、心がきゅっとなって泣いた T-T

全編を通して描かれるのは、
親と子の物語。
受け継がれる親の愛。
母からは優しさを、父からは強さを。

恐竜の世界を描いていますが、
すべて我々の世界に当てはまることばかり。

弱肉強食の過酷さも、
子供が見るからといって隠さず、
しっかりと描かれているのが好印象でした。

命は簡単に生まれて、
のうのうと育っていくもんじゃないんです。

数多くの奇跡が積み重なって生まれ、
いろんな人から大切に守られ、鍛えられ、
また自分自身も死にものぐるいになって、
生きていくものなんです。

生まれ、生きることの過酷さと幸せ。
そして、それを支える親の愛情。

これらが見事に描かれた作品でした。

原作と映画の比較でいうと、
それぞれ独立した絵本の物語が、
映画のストーリーとして1つに溶け合って、
登場恐竜の心に深みを与えています。
それぞれの生い立ち、人生が明らかになった感じです。

キャラクター造形も、
絵本とのあまりの違いに最初は拒絶反応があったけど、
幼児が見ることを考えると、
恐さが抑えられて、ユーモラスさが出ているので、
あの丸っこさも仕方ないかなと思いました。

ただ、恐竜が吠えるシーンでは、
泣いたり退出したりする子供もいたけど。

最後に、
原作絵本が大好きな人は
ぜひ見て欲しい映画です。
絵本がもっと好きになります。

そして、映画からこの物語に触れた人は、
ぜひ絵本も読んでください。
物語がもっと深く心に染み渡ります。

宮西達也さんの絵本
「おまえうまそうだな」など、宮西達也さんの本はコチラ

ハートとの出会いと別れ
おまけ
2年前ぐらいに本屋にハートが来たとき。
娘がハートのパペットを手にはめて握手。
ハートが帰るとき、大泣きしてました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました