WILD SWANS BYRNE 3年後

ws2014_01
2010年9月に購入した三つ折り財布 WILD SWANS の BYRNE (ワイルドスワンズ / バーン)。
約3年ほど経ったので、使い勝手とエイジング具合をレポート。
購入時のレポートはこちら

使用状況としては、
基本はカバンの中に放り込んだ状態。
ジーンズのバックポケットに入れることもあるが、
三つ折りゆえの分厚さのため、座るときに邪魔になってしまう。
二つ折りと違って、バックポケットに入れっぱなしは難しかった。
そのため、ラフに使ってはいるが、酷使というわけではない。
手入れは、汚れたら布で拭くぐらい。
傷ついたら、指で強くこするぐらいだ。(これで結構目立たなくなる)

使い勝手は、大満足!

2室に分かれたコインケースは、
コインがかなり収納でき、カードを分けて入れるのも可能。
ここには支払い時によく使う薄手のポイントカードを入れている。

カード収納も必要十分。
スリットで分かれた5室のカード室には、
よく使うクレジットカードをメインに収納。
出し入れも便利。

免許証や保険証、その他あまり使わないカードは、
コインケースやカード室の裏のポケットに入れている。
パスモなどのICカードも財布に入れたまま使えるので楽だ。

札入れは、深みはあるが札の出し入れは容易。
深みがあるのでレシートや領収書を入れてもはみ出すことがなく良い。

正直、不満を感じることのない財布だ。

エイジング具合は、写真で比較しながらレポート。

購入時 2010年の WILD SWANS BYRNE

購入時 2010年の WILD SWANS BYRNE

使用して3年後の WILD SWANS BYRNE

使用して3年後の WILD SWANS BYRNE

色つやは黒の深みが増し、さらりとした光沢が透明感のあるツヤに変化。
ボタン周りや背面には、わずかなくすみが感じられる。
細かな傷は増えたが、肉厚の革に馴染んで目立たずに良い味になっている。

購入時の WILD SWANS BYRNE

購入時の WILD SWANS BYRNE

3年後の WILD SWANS BYRNE

3年後の WILD SWANS BYRNE

コバは劣化することなく美しいまま。
糸のほつれもなし。
WILD SWANS の質実剛健な作りに感心するばかりだ。

厚みは若干圧縮されたが、肉厚な存在感はそのまま。
使われているサドルプルアップレザーの質の良さが分かる。

購入時のWILD SWANS BYRNE

購入時のWILD SWANS BYRNE。
内側の状態

3年後のWILD SWANS BYRNE。 コインケースにカードの型が付いた

3年後のWILD SWANS BYRNE。
コインケースにカードの型が付いた

内側は、コインケースにカードの型がクッキリと付いている。
自分的には味と言うことで気にならない。

全体的にエイジング、経年劣化で言えば、
「ほぼ変わりなし」といった感じ。
革が良く、作りもしっかりしているので、劣化しない。
色もブラックレザーゆえに変化はほぼなし。

革のエイジング好きには物足りないかもしれないが、
道具としてこの頑丈さは素晴らしすぎる。
今後も愛用し続けたい財布だ。

WILD SWANS のアイテムをチェック
楽天市場でチェック
Yahoo!ショッピングでチェック

コメント

  1. […] (3年後のレポートはこちら) […]

タイトルとURLをコピーしました