Johnnie Walker – The Man Who Walked Around The World

ウイスキーのプロモーションビデオで特に好きなものがある。
Johnnie Walker の The Man Who Walked Around The World だ。

映像は青く沈んだ風景の中、バグパイプの音色から始まる。
やがて1人の男が現れ、山道を歩きながらジョニー・ウォーカーの歴史を語り出す。

Johnnie Walker 'The Walk'

歩き続ける語り部は、スコットランド出身の俳優ロバート・カーライル
渋く毅然とした語り口が、ジョニー・ウォーカーの情熱と成功への道のりを見るも者に響かせる。

PVの日本語訳

よう、バグパイパー!
静かにしろ!

これはジョンという名前の少年の実話。

ただの農家の子供だったけども、どこか特別なところがある少年:

– きらりと光る目
– 信念を貫くエネルギー
– 弾む足取り

ある日彼は散歩に出かけた。
この散歩は彼の父さんがなくなったときに始まったんだ。
1819年のこと。少年はまだ14歳だった。

死別の悲しみのためのカウンセリング?

いや、この時代は若い少年はみんな農場やら風車小屋、
あるいは炭鉱に送られたんだ。
大変な時代さ。

だけど若いジョンは幸運を手にいれるためには十分に賢かった。
彼が生まれ育った父さんの農場を売払い
雑貨屋を始めることにした。
彼にとっては大きな責任。
キルマーノックに店を構え
ドアにはこう書いてあった:ジョン・ウォーカー。

まあ、ジョニーでもいい。
今では世界中でそう呼ばれているんだから。

あの頃はどこの雑貨屋にも
いろんな種類のシングルモルトが揃ってたんだ。

だけどなんていうか・・・
ちょっとばかし出来にばらつきがあった。
ジョンはそんなのには満足しなかった。
いくつかのシングルモルトをブレンドし始め
いつでも質を保ったオリジナルの製品を作ったんだ。

さて、この小さな芸術作品はたちまちビジネスとなり
それも大儲けができるビジネスとなった。
大儲けができるビジネスほど
スコットランド人の心を揺さぶるものなんかなかったから
すぐさま蒸留製造の企業家を巻き込んだ産業へと発展した。
ジョンはそんな環境で成功し彼の旅路に参加した二人の息子、
ロバートとアレキサンダーもそれに続いた。

ウォーカー家はこの成長産業の中で最も有名になり
とにかく彼らを止めることは誰にもできなかった。
19世紀の企業買収の流れの中で有名なカルドゥ社を買取った。
金庫、株、そして大量の樽。
彼らの絹のようなシングルモルトが
いつでも手にはいるようにしたのみならず
もっと大切な事に他のブレンダーたちの手に
それが手に入らないようにしてしまったのだ。

しかし若いアレキサンダーはスコットランド最大のブレンダー
であることだけでは満足しなかった。
そんなのは彼にとっては大きな夢ではない。
ちがう、ちがう。
グラスゴーの船長を説得し彼のエージェントとなってもらい
彼の父のウィスキーを世界中にかけめぐらせた。

1860年には、角形のボトルを開発し
ラベルがぴったり24度の角度で貼られた。

「それがどうした?」って思うだろ?
君は間違っている。

角瓶は割れにくかったしより多くの瓶を積むのにも適していた。
斜めのラベルはより大きな面積を包むことになるし
それによってジョニー・ウォーカーは
世界中の棚で大きな存在感を持つようになった。

ボトルがアイコンとなり、
素敵な液体は地球のどこでも飲まれるようになった。

なかなかの人物だったよ、アレキサンダー・ウォーカー。
ミスター・ウォーカー。

そしてジョンの孫、
ジョージとアレキサンダー2世がその旅路に加わった。
彼らがブランドを20世紀に導いた。
1909年には象徴ともいうべき赤ラベルと黒ラベルを完成させ
当時最高の若いイラストレーター、トム・ブラウンを口説き落とし
ビジネスランチの席でナプキンに大股で歩く紳士を描かせたんだ。
そのペン先でビクトリア朝の雑貨屋店主は
エドワルド朝のダンディーとなったんだ。

1920年には、歩くジョニーは120カ国を駆け巡り
さらに次の50年も彼は歩き続け、ブランドの広告塔となった。
グローバル文化の網の中を、
いくつかの暗い戦争の中を、
高貴な人の宮殿の中で、
映画スターによって不滅のものとなり、
映画メーカーたちに祝福され、
歌手、作曲家、小説家・・・
肩と肩をぶつけ合わせる時代を代表するスポーツ選手たち・・・
数え切れない賞をあちこちで受賞し
ジョージ王には王室御用達の勅許状までいただいた。

もう後戻りはなかった。
ジョニーにもその子孫にも後戻りなんて起こるわけがないのだ。

20世紀の末には良く知られた赤ラベルと黒ラベルに
緑ラベル、そして金ラベル
すべての中で最も高品質な青ラベルも加わった。

21世紀のはじめにはジョニー・ウォーカーは
単なるウィスキーブランドではなかった。
成長の国際的なシンボルであり”keep walking”というマントラは
民主主義者や議会のスピーチライターにも使われた。

農家生まれのビクトリア朝の雑貨屋にこんなことが想像できただろうか?
喜ぶに違いないけども。

農家生まれのビクトリア朝の雑貨屋ではあったかもしれないけども
彼とその子孫に炎のような志に技術と知性があったから成り立ったんだ。

200年後、ジョニー・ウォーカーは歩き続けている。
止まる気配は全くない。

日本語訳:Tadashi Maeda

ジョニー・ウォーカーが飲みたくなり、
ウイスキーの味と香りをさらに深くしてくれるCMだ。

なお、映像の秘話については下記のサイトに詳しい。
驚愕!6分半のワンカットCM登場。ジョニー・ウォーカー「The Walk」

wiki:ジョニー・ウォーカー

Johnnie Walker の最安値をチェック
ブラックラベル
グリーンラベル
ゴールドラベル
ブルーラベル
プラチナムラベル

コメント

タイトルとURLをコピーしました