NIKE HyperAdapt 1.0 ナイキがついに自動で靴ひもの締まるスニーカーを発売!

NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0

ナイキ ハイパーアダプト 1.0

NIKE の描いた未来が現実に。
自動でシューレースがしまる夢のスニーカーが、ついに発売です。
ナイキが自動で靴ひもを締めるスニーカー「Nike Hyperadapt 1.0」を2016年に一般発売することを発表しました。
NIKE HyperAdapt 1.0

AUTOMATIC LACING SYSTEM(自動靴ひも調整システム)を搭載したスニカーは、1989年に公開された映画「Back to the Future Part II」で初登場。
未来の最新スニーカー「NIKE MAG」として、主人公のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が2015年の世界で履きました。
NIKE MAG

今回、現実に発売されるモデルはデザインは異なるものの、自動靴ひも調整システムを完璧に実現。
映画同様にスニーカーを履いてカカトへ体重をかけることで、足の形と荷重の配分に合わせて靴ひもが自動で調整されます。
シューレースを調整する仕組みは「E.A.R.L(electro-adaptive reactive laces)」と呼ばれ、土踏まずに搭載されたバッテリーとマイクロモーターで制御。
履いた後には、履き口サイドにある(+)と(-)のボタンで締め付けの強さを微調整できます。
将来的には、スマートフォンを使って、リラックモードやアスリートモードへの切り替えも可能になるようです。
NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0

靴ひもぐらい自分で結べばって意見もあるようですが、結ぶ手間やフィット感を調整する煩わしさを解消することで、アスリートが競技にのみ集中できるメリットが生まれるのです。
体の一部として、ギアとしての存在感を感じさせないプロダクト作りが、NIKE の目指すところといえるでしょう。
ちなみに「EARL」システムの開発には10年もの歳月がかけられたそうです。

スニーカーのデザインは、映画に登場したハイカットではなく、より実用的でアスリートシーンに合わせたローカットモデルとなっています。
カラーはブラック、ホワイト、シルバーの3色をラインナップ。
シューレースの適度な太さとデザインがとにかく格好良すぎ。
特にバッテリー容量を知らせる土踏まずとヒールのLEDライトがクールです。
NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0

なお今回お披露目されたモデルは「アルファ版」のもので、すでに「ベータ版」の開発は始まっており、ユーザーのフィードバックを元に改良される可能性もあるとのことです。

HyperAdapt 1.0は、2015年の夏から冬頃に、Nike+のメンバー限定で発売予定。
その履く瞬間、履き心地が今から楽しみなハイテクスニーカーです。

ナイキ ハイパーアダプト 1.0の通販価格比較

スニーカー詳細

NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0
NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0
NIKE HyperAdapt 1.0 HyperAdapt_1_0