new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE]

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

ニューバランス M1300 JP2 復刻モデル2015年版 「スティールブルー」

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE]
5年毎に復刻されるニューバランスの名品にして、スニーカーのロールスロイス「M1300」。
2015年の今年は、1985年の誕生から30周年を記念したメモリアルモデルとして、さらにオリジナルの再現度を高めた復刻モデルが発売されました。
とはいえ、復刻モデルの完成度でいえば、日本企画が徹底したコダワリで作り上げた「2010年モデル」で行き着いた感はあります。
そのため2015年モデルは2010年モデルをベースとしており、違いとしてはシュータンの裏にあるクレジット表記。
1985年発売当時のクレジット表記には、「MADE IN U.S.A」の位置が上にあるAタイプと下にあるBタイプが存在しました。
 M1300
2010年復刻モデルではAタイプを採用し、今回の2015年復刻モデルではBタイプを採用しています。
ある意味、2010年モデルと2015年モデルの2足により、オリジナルモデルの完全復刻が完成したと言えそうです。
もちろん、他のディテールも1985年オリジナルモデルを忠実に再現しています。
さらに、30周年記念のサプライズとして、レディースサイズとキッズサイズもラインナップ!
家族そろって「M1300」を履くことができるようになりました。

ニューバランス M1300 JP2 復刻モデル2015年版 「スティールブルー」の通販価格比較

スニーカー詳細

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300
new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

左が2015年モデル。右が1985年オリジナル。
シューレースホールフロントにある「長方形のステッチ」を再現。


new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

左が2015年モデル。右が1985年オリジナル。
タンラベルにある「1300」の特徴的な「3」のフォントを再現。「NB」の「N」も14本のバーで描き、(R)マークも「NB」の右下に配置。

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

左が2015年モデル。右が1985年オリジナル。
踵部のステッチをオリジナル同様ダブルステッチ仕様に。 ミッドソールはENCAPを採用。CRもオリジナル同様の8本バー。

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

左が2015年モデル。右が1985年オリジナル。
Nマークは太めで、Nマーク内部の鋭角部縫い目が丸まっている。

new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

左が2015年モデル。右が1985年オリジナル。
オリジナル同様、ビブラム社製アウトソールを採用し、ソールパターンも忠実に再現。 NBロゴもオリジナルと同じ5本バーになっている。


new balance M1300 JP2 2015 [STEEL BLUE] M1300

ニューバランス M1300 特設サイト