スニーカーバトル勃発! ナイキなどのスポーツメーカーが共同でソーシャルゲームをスタート!

SNEE

ナイキ、アディダス、プーマ、リーボックのスポーツメーカー4社が、共同出資によるソーシャルゲーム会社「SNEE」を設立!
スマートフォン向けのソーシャルゲーム「SNEE スポーツアリーナ」を本日4月1日から配信しました。
さらに、ゲーム対応のスニーカー「SNEE+」も同時発売となっています。

スマートフォンが内蔵できる「SNEE+」スニーカー

「SNEE スポーツアリーナ」は、スマートフォンのジャイロスコープ、加速度センサー、GPS機能を利用して、スポーツ時の運動量を使って遊ぶソーシャルスポーツゲーム。
スマートフォンのセットされた「SNEE+」スニーカーでスポーツをして、「スタミナ(移動距離)」、「スピード(移動速度)」、「パワー(跳躍の高さと滞空時間)」のポイントをチャージ。このポイントを使って、さまざまなゲームに挑みます。

「SNEE+」スニーカーは、インソールのポケットにスマートフォンがセットでき、スマートフォンを意識することなく、スポーツに集中できる新タイプのスニーカー。
「SNEE+」ブランドとして、ナイキ、アディダス、プーマ、リーボックの各メーカから全12モデルが発売されました。
また、「SNEE+」に対応していないスニーカー向けには、天然ゴムで作られた「SNEE+バンド」を無料で配布。愛用のスニーカーでも「SNEE スポーツアリーナ」を遊べるようになっています。
SNEE+スニーカーとSNEE+バンド
↑ (写真左)「SNEE+バンド」を使うことで、愛用のスニーカーにスマートフォンを固定できる。
(写真右)「SNEE+」対応スニーカーはインソールにスマートフォンをセットするポケットが付く

チームに分かれて、試合を勝ち抜け

プレイヤーはナイキ、アディダス、プーマ、リーボックのいずれかのチームに所属し、「SNEE スポーツアリーナ」にて開催されるゲームでライバルと競い合います。
ゲームは「バスケットボール」、「サッカー」、「スケートボード」、「マラソン」の4種類。
アクション操作をメインにした、白熱のバトルが楽しめます。
SNEE バスケットボール
SNEE スケートボード

駆け引きを熱くするカードバトルも

さらに、試合に勝つことで「スキルカード」をゲット。
「スキルカード」は各メーカーの契約選手や人気スニーカーが描かれており、カードごとにゲームを有利に進めるスキルが発動できます。
アクションだけでなく、「スキルカード」を使った駆け引きもゲームのおもしろさとなっています。
SNEE スキルカード

「SNEE」では、1ヶ月ごとに「SNEE スポーツアリーナ」のゲームジャンルを増やし、それに合わせて限定スキルカードをセットにした「SNEE+」スニーカーも発売していくとのこと。
スポーツのモチベーションを高めるソーシャルゲーム「SNEE スポーツアリーナ」。
今後の展開が楽しみです。

「SNEE+」スニーカーの通販価格比較