NIKE AIR JORDAN 1 / ナイキ エアジョーダン1

スニーカーマニアックス
nike airJordan1 ナイキ エアジョーダン1

NIKE AIR JORDAN 1 / ナイキ エアジョーダン1
メーカー:ナイキ
カテゴリ:バスケットボール
初リリース:1985年

NBA史上最高のプレーヤー「マイケル・ジョーダン」のシグネチャーモデル、その記念すべき第1作が「AIR JORDAN I」だ。スマートで戦闘的なフォルム。ハズレ無しの美しすぎるカラーバリエーション。快適な履き心地。どれをとっても、”King of Sneakers”、”King of AIRJORDAN”の名にふさわしいモデルだ。個人的にもエアジョーダン シリーズで1番好きなモデルである。ジョーダンシリーズの中で唯一スウッシュが入っているのも好きな理由だったりする。

ルーキー同士の出会いが伝説の始まり
1984年のNBAドラフトにおいて、3位でシカゴ・ブルズに指名されたマイケル・ジョーダン。ちなみに、1位はアキーム・オラジュワン(ロケッツ)、2位はサム・ブーイ(トレイルブレイザーズ)。
当時、スポーツブランドとしては知名度の低い新興ブランドだったナイキ。
この2大ルーキーの出会いが、すべての始まりだった。
ナイキはマイケル・ジョーダンと契約を取り交わし、彼のシグネチャーモデルのスニーカーを発売する。後にナイキの代表的ブランドとして世界中にその名をとどろかせる「エアジョーダン」シリーズの始まりである。

だが、ジョーダンのシグネチャーモデル「エアジョーダン」を企画したのは、ナイキでもマイケル・ジョーダン本人でもない。では、誰が!? それは、ルーキー時代からマイケル・ジョーダンのエージェントを務めていたデビット・フォークである。彼は、スポーツブランドがマイケルと契約する際の条件として「シグニチャーモデルを発売すること」という項目を盛り込んだのだ。しかし、シグニチャーモデルが一般的でなかった1984年に、その契約条件を好んで受け入れるスポーツブランドはなかった。
しかし、NBAでの躍進を狙う新興ブランド「ナイキ」は違った。コンバースやアディダスが鼻もかけなかったルーキーに対して、ナイキは社運をかけたのである。
爆発的な潜在能力を秘めたルーキー同士の挑戦。それが偉大なる伝説を作り上げていったのだ。

ジョーダンの要望を凝縮したガードポジション用スニーカー
シグニチャーモデルゆえに、エアジョーダン1にはマイケル・ジョーダンのさまざまなリクエストが実装されている。
その最たるものが、薄く作られたソールだ。これは、「コートの感触を素足感覚で感じたい」というジョーダンのリクエストによるもの。しかし、薄いだけではクッショニング性能が損なわれてしまう。そこで採用されたのが、ヒール部分に内蔵されたエアシステムである。このエアシステム(1983年に発表されたエアウエッジシステム)は、非常に薄く、エア量も最小限に留められている。梱包材のプチプチよりも少ないほどだ。しかしその性能は、衝撃吸収性を確保しつつ、ジョーダンが求めるコートとの接地感覚を残したものだった。
実際履いてみると分かるが、アスファルトの凹凸が足裏に感じられるほど、地面の感触がソールを通して伝わってくる。それでいて、カカトへの衝撃は驚くほど少ない。

また、アッパーのホールド性もエアジョーダンシリーズの重要なポイント。エアジョーダン1では、シューレースでフィット感を増すベーシックな手法がとられている。だが、注目すべきは甲前部の補強部分。シューレースホール3個分の幅がとられているのだ。ダンクの場合は2個。1個多いだけだが、これがジョーダン コダワリのフィット感を生み出している。

こうして、マイケル・ジョーダンのリクエストのみを詰め込んだスニーカーとしてエアジョーダン1が作られたわけだが、ナイキにはもう1つの思わくがあった。ガードポジション向けシューズの開拓である。
それまでのバスケットシューズの機能は、どちらかというとセンターやフォワード向けに特化しており、ガードが求める軽さと機動性が犠牲にされていた。そこでガードポジションのジョーダン用にシグネチャーモデルを作りつつ、未成熟だったガードポジション用シューズの市場を一気に独占しようとしたのである。
こうして、軽く、機動性に富んだスニーカーとしてエアジョーダンは進化を続け、ナイキの思わくを超え、NBAを代表するバスケットシューズに育っていくのだ。

NBAに拒否された斬新なカラーリング
1985年2月のオールスター戦において、エアジョーダン1は華麗なるデビューを飾る。エアジョーダン1の代表的なカラーリング黒/赤の登場である。
今でこそ、ブラックボディにレッドの差し色はベーシックな部類にはいるが、当時はあまりにも派手なカラーリングであった。しかも、NBAのシューズに対するレギュレーションでは、「白もしくは黒が全体の51%を占めなければならない」と定められていた。そのため、シューズカラーの規定違反により、その後の公式戦では、エアジョーダン1を履くことが禁じられてしまう。
これが逆に話題をまくこととなり、ナイキは広告の中で「NBAはノーと言ったが、あなたがこれを履くのは自由だ」と猛烈なアピールを行った。
しかし、時代を先取りしすぎたのか、画期的すぎるデザインは市場で敬遠され、人気を集めることはなかった。はっきり言って、まったく売れなかったのだ! 今となっては、考えられないことだが……。

別注が生み出した数多くのカラーバリエーション
エアジョーダン1は、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデルであったため、NBAの選手に供給することはできなかった。そこで、ナイキは大学などのバスケットボールチームに売り込みをかけ、別注カラーを量産していく。これが、エアジョーダン1に無数のレアカラーが存在する理由だ。
なかにはカラーリングだけでなく、アンクルサイドに刻印されるウイングマークまで別注されたものも存在する。通常、アンクル部分に入るウイングマークには、「AIRJORDAN」の文字が入っている。しかし、発注先がジョーダンの名前を嫌がったのか、「AIR JORDAN」の代わりに「NIKE AIR」の文字に変更されたものもあるのだ。
ちなみに、エアジョーダン1のプロトタイプであるノンエアモデルでは、「AIR JORDAN」の文字の代わりに「NIKE」の文字が入っている。
発売当時に行われたエアジョーダン1のカラー別注、ぜひとも復活して欲しいものだ。NIKE iD でなんとかならないもんでしょうか!!

おまけ
マイケル・ジョーダンがNBAデビュー前に履いていたシューズをご存じだろうか。
ノースカロライナ大学カラーのコンバース「プロレザー HI」である。ホワイトボディにスカイブルーの差し色が入る美しいモデルだ。昔、5000足限定シリアルナンバー入りで復刻されたこともある。

ナイキ エアジョーダン1 の通販価格比較