adidas SUPER STAR / アディダス スーパースター

スニーカーマニアックス
adidas SUPER STAR / アディダス スーパースター
adidas SUPER STAR / アディダス スーパースター
メーカー:アディダス
カテゴリ:バスケットボール
初リリース:1970年

アディダスが誇るロングセラースニーカー「スーパースター」。今でこそローテクなベーシックモデルだが、リリース当時は画期的なスペックを満載したハイテクスニーカーだった。

最新スペックを搭載
当時のバスケットボール界に衝撃を与えたスーパースターのスペックとは,,,
つま先部分のラバーキャップ「シェルトップ(別名シェルヘッド)」。貝殻をモチーフにしていることからその名前が付けられたシェルトップは、耐久性とジャンプ着地時の安定性を向上させた。アメリカではその特徴的なトウデザインから、スーパースターの正式名称ではなく、「シェルトップアディダス」の愛称でも呼ばれている。ちなみに、’70年代初期のスーパースターにはシェルトップが付いていない。
中空構造のヘリンボーンソールは、バスケットボールの激しい動きに対応するために新開発。ストップ性とグリップ性、衝撃吸収性を飛躍的にアップさせた。
インソールの表面には天然皮革を採用。抜群のフィット感を与えた。そのフィッティングの良さは、当時のバスケットボールプレーヤーが「シューズに足がプリントされる」との名言を残しているほど。
フルグレインレザー(天然皮革)のアッパーも、激しい動きをサポートするフィット感をもたらした。
これらの革新的機能をひっさげ、コンバース、プロケッズが圧倒的なシェアを誇っていた1970年代のアメリカバスケットボールマーケットに、スーパースターは殴り込みをかけ、瞬く間に高いシェアを獲得した。愛用者の中にはNBAのスーパースター、カリム・アブドル・ジャバーも含まれる。

ストリートファッションとして
1980年代後期からは、ストリートファッションとしての人気が高まる。特に人気ラップグループ RUN D.M.C がシューレースなしで愛用したことから、世界のストリートファッションにスーパースターが取り入れられるようになった。このブームは、RUN D.M.Cがアディダスにヒモなしで履けるスニーカーをとリクエストして、ウルトラスターの誕生につながる。
ファッションアイテムとしての価値が高まってからは、時代のトレンドにあったマテリアルを積極的に採用。エナメルやスエード、カンガルーレザー、スネークなどなど。ベーシックなデザインでありながら、常にファッションシーンに対応したバリエーションをリリースし続けていく。

3タイプのデザインバリエ
スーパースターには3タイプのデザインバリエがラインアップされる。ローカットの「スーパースター」、ミッドカットの「Proshell / プロシェル」、ハイカットの「PRO MODEL / プロモデル」だ。
プロシェルは、まだ誕生してから日が浅く、今後が注目されるモデル。足首のサポート性を高めるアンクルストラップが採用され、デザイン的にはフォーラムに似ている。
プロモデルは、足全体のサポート性を重視するプレーヤーのために開発。デザインバリエが多く、ストリートファッションでも人気が高まっているモデルだ。

進化するスーパースター
スーパースターのデザインテイストはそのままに、アディダスの最新テクノロジーをプラスして、スーパースターシリーズは進化を続けている。そのニュージェネレーションモデルが「スーパースター2G(SS2G)」「プロモデル2G」「スーパースターシュプリーム」。どれもボリューム感あるフォルムに最新機能が詰め込まれ、ストリートだけでなく、バスケットコートでも活躍してくれることだろう。

スーパースター誕生35周年
2005年、スーパースターは発売から35周年を迎える。35年もの間、ストリートの第一線をひた走ってきたというのは、まさに驚異。それだけデザインの完成度と履き心地の良さが高いということだろう。そして、ファッションシーンに刺激を与えるデザイン提案力も優れていたからだ。
そのスーパースター誕生35周年を記念したメモリアルモデルがリリースされた。世界7都市がオリジナルデザインで発売する「シティ シリーズ」、ストリートファッションブランドとコラボレートしたモデル、アンディ ウォーホールとカリム・アブドル・ジャバーをリスペクトしたモデルなど、全35モデルがラインアップ。どれも生産数が異常に少ないので、争奪戦は必須だ。