観てきた映画:隠し剣 鬼の爪

愛情を込め、丁寧に創られた映画は、
本当に人を幸せにしてくれるなぁと実感。

しかも今回は、完成披露試写会にて、
監督を初め出演者の舞台挨拶が聞け、
映画に対する愛情をさらに深く感じつつ鑑賞できた。

山田洋次監督 永瀬正敏、松たか子主演
「隠し剣 鬼の爪」
隠し剣 鬼の爪 山田洋次監督 永瀬正敏、松たか子主演
Yahoo!映画:隠し剣 鬼の爪

タイトルだけを聞くと、
アクション満載の伝奇映画と思えるかもしれない。

しかしこれは、幕末に生きた男と女の
奥ゆかしくも熱い恋の物語だ。



詳しい物語は、ぜひ作品を直に観て楽しんでもらいたい。
予備知識なしに観た方が、ぜったいに楽しめる

物語以外で、私が特に感銘を受けたのは、
山田洋次監督が劇中の随所で見せる、
深刻なシーンの後の、自然な「笑い」。

誰もが息が詰まり、心が重くなるシーンのあとに、
さりげない日常の一こま、笑いを誘うシーンが挿入される。
この演出には、大いに心ひかれた。

苦しいことばかりの人生も、
ほんの小さな「笑い」が人を幸せにしてくれる

そんなメッセージを随所に感じられるのだ。
山田監督ならではのやわらかな温かさにあふれた作品といえるだろう。

惜しむらくは、
映画の設定と展開が「たそがれ清兵衛」と似ていること。
そのため、ついつい前作と比べてしまう。
「たそがれ清兵衛」は、山田洋次監督の時代劇映画第1作。

原作は「鬼の爪」と同じ、藤沢周平だ。

どちらも良作なのだが、
「たそがれ清兵衛」の真田広之と宮沢りえ、
「鬼の爪」の永瀬正敏と松たか子
両者の力量の差を如実に感じてしまった。

勝っているのは「たそがれ清兵衛」。
抑えつつも、ここぞというときにほとばしる激情。
その演技のメリハリが、物語を、心情を、奥深くしていた。

「鬼の爪」は、心や演技を淡々と抑えすぎたかもしれない。

しかしそんな不器用さも、山田節にやわらかく包まれ、
ほほえましい輝きを見せていたように思える。



評価:★★★


【評価表】
★:ダメじゃん
★★:TVで十分
★★★:ビデオで借りましょう
★★★★:映画の日に観たい
★★★★★:劇場で観る価値アリ!

原作:隠し剣孤影抄(藤沢周平)
原作:隠し剣孤影抄(藤沢周平)
原作:時雨のあと(藤沢周平)
CD:隠し剣 鬼の爪 サウンドトラック
DVD:たそがれ清兵衛

  • 「隠し剣 鬼の爪」試写会にて

    試写会で『隠し剣 鬼の爪』を観てきました。題材が時代劇なだけに客層の平均年齢は高かったですね。
    原作は「藤沢周平」、監督は「山田洋次」。『たそがれ清兵衛』のコンビでございます。短編『隠し剣 鬼の爪』と『雪明かり』を脚本化したものとの事。
    幕末、東北の

  • xina-shin

    たそがれ清兵衛が強烈だっただけに、余計に比べてしまうんですよね。毛色の違う作品を間に入れて作られていればもう少し違った印象を受けたかもしれませんね。

  • kaz

    xina-shin さん、こんにちは。
    似た作品が連続で続いたところに、
    今回の作品の不幸があるのかもしれませんね。
    どちらかひとつだけ観るのが、今は正しいのかも。
    ハリウッドリメイクが今のハヤリですが、
    監督が自作をリメイクするのは、
    ちょっと?って感じもしました。

  • 隠し剣 鬼の爪

    隠し剣 鬼の爪 特別版
    隠し剣 鬼の爪 通常版
    おすすめ度:★★★★★
     『隠し剣 鬼の爪』という変なタイトルからあまり見たいと思えなかった映画である。
     実際に見てみると、映画としては地味な作品である。しかし、映画としてはよくできていていい映画だ