食器洗い乾燥機を使ってみた その2

さて、
食器洗い乾燥機 シャープのなべピカさらピカ(QW-A70)
使用感の続きです。

まずは汚れた食器を中に並べていきます。
コレが意外に難しい。
食器にまんべんなく水が当たるような、
理想的な並べ方というのがあるんですよ。
マニュアルを見ながら並べてみるけど、
慣れるまでは試行錯誤が必要ですね。

今回は、塩を使った「イオンコース」で洗ってみましょう。
これは食塩水から作った硬水で汚れを落とし、軟水ですすぐというもの。
専用洗剤を使わないから経済的だし、なんだか体にも良さそう。

スイッチ・オン!

水の噴出音がして洗い始めました。
使用時の音はちょっとうるさいかも。がんばってるぜーって感じ。
でも、不快な音ではないので、気にはならないですね。

それより、気になるのはもちろん中身。
本体に耳をあてて、密室の行為を想像しちゃうぐらい。
でも、まじめな話、中の様子が分かると、
皿の置き方とか工夫できそうなんだけどね。

あと、食器洗い器は水を出しっぱなしって
イメージがあったけど、違うんですね。

洗濯機みたいに、本体の底に水を溜め、
それを何度も食器に当てて洗うわけです。
すすぎに関しても、そんな感じ。
節水といいうのも納得です。

お、洗いが終わり、熱風乾燥が始まりました。

だいたい、洗いから乾燥まで1時間ぐらいですね。

では、洗い具合を見てみましょう。

おー! キレイじゃないですか。
お皿がキュッキュと音を立てるほど、汚れが落ちてます。
水だけでここまで落ちるのには驚きです。
高温水で洗うので、衛生的でもありますね。

ただ、イオンコースは、ご飯などのこびりつき系は苦手みたい。
じゃっかん跡が残ってます。
あらかじめ浸け置きしておくと、いいのかも。

次回は、洗剤コースにチャレンジ。