SONYのPSPを見てきた

SONYのPSPを見てきた。


ついに、ソニーのプレイステーションポータブル(PSP)が国内でお披露目。
とはいえ、新たな情報は特になし。気になる発売日、価格、バッテリーの持ち時間は発表になりませんでした。かわりに、PS3の展開スケジュールと、新作ソフトのデモがありました。

まず、次世代機PS3ですが、来年春に国内発表。その後、5月のE3で実機を展示。9月の東京ゲームショーでは遊べるソフトも披露するようです。発売は2005年末!? さあ、どんなビックリを与えてくれるんだろう!

次にPSPの新作では、エンターテインメント通訳ソフト「TALK MAN(トークマン)」を発表。PSPに接続したマイクを使い、日本語を話すとPSPが英語に通訳してくれるというもの。言葉はスピーカーから発声されます。英語から日本語への通訳も可。ホテルでのやりとりをデモしてくれました。音声認識能力が高ければ、かなり使えそう。

PSPの質感はなんというか、高級オーディオと携帯電話を合わせたような感じ。んー、auの携帯インフォバー的? とにかく、そそるマシンです。大きさは、ちょっとデカいかな。横に長いです。GBAみたいに、気軽に持ち歩く感じではないかも。

プレイアブルナな実機では、ゲームが遊べたり、映画が流されていました。見て驚くのは、液晶が非常にクリアで明るい。つややかな映像が楽しめます。ゲームの動き、視認性もよく、ストレスなく遊べそう。

PSPとの同時発売タイトルに魅力的なものが多いので、発売日に買っちゃいそうですが、やはり気になるのは値段。2万前後を希望!!

PSP:メニューではシチュエーション、通訳言語、話す人の性別、通訳のモードなどが選べる
PSP:エンターテインメント通訳ソフト「TALK MAN」。音声認識で言葉を翻訳。旅行やコミュニケーションに楽しく使えそう。英語の発音チェックモードもあり
PSP:PSPと同時発売の「どこでもいっしょ」。ドット絵じゃないトロといつもいっしょ
PSP:持った感じはけっこう横長。大きく感じる。操作性はよさげ。
PSP:映画のデモ映像。液晶が非常にクリア。微細でなめらかでビックラした
PSP:PSファミリーのタイムスケジュール。PSPは年末発売。PS3は来年のE3、東京ゲームショウに出品


PSPプレスリリース